HOMEイベント告知

イベントのご紹介

イベントガイド 2010年9月24日 new!                                          公開調査 『名取川・広瀬川に生息する魚類と水質調査』(太白区まちづくり助成事業)

 名取川・広瀬川の魚類生息調査と水質調査を公開で行います。手網、投網、もんどりといった漁具の使い方や実際の調査の様子を見学・体験することができます。

プログラムの詳しい内容を見る

イベントガイド 2010年7月24、10月16日(両日とも同趣旨のプログラムを行います) new!         『魚類の生活を観察して川の環境を考えてみよう』

 仙台を流れる全長45kmの広瀬川を下流〜上流域の間をバスで移動しながら、河川の環境の多様さやそこに暮らすアユ・サクラマスなどの生き物を観察し、川 の生態系の成り立ちや川を保全する意味を体験的に学びます。  

プログラムの詳しい内容を見る

 

終了したイベント ※イベントをクリックすると詳細がご覧になれます。

イベントガイド(2009年11月22日) 追跡!広瀬川を上る魚たち 〜遡上・産卵の場について〜

 仙台市の代表的河川である広瀬川は、私たちの生活を豊かにしてくれる大切な存在です。しかし、治水や利水のための堰や護岸などの設置により、川を上る魚たちの遡上・産卵活動に大きな影響を与えているのが現状です。
そのような事態を解決するための対策や今後の課題を、実際に広瀬川を歩きながら観察して一緒に考えていき、その中で人の豊かな暮らしと魚類の保全とのバランスを身近な問題としてとらえていきたいと思います。今回のイベントでは、牛越橋の上から観察するシロサケの産卵行動や、石川原による伏流水の演示実験、川虫採集など、広瀬川の豊かな自然を体感する楽しい活動を行います。
みなさんで広瀬川に対する、人と川を上る魚たちの努力を見てみましょう。

平成21年11月22日(日) 9:30〜12:00(予定) 
会場:牛越橋周辺の広瀬川(牛越橋の500m下流までの区間で活動を行い、最後は集合場所まで歩いて戻ります。)
集合場所:牛越緑地の駐車場(9:30集合)
対象:小学生から大人まで(小学生は保護者とご参加ください)
準備物 :軍手、長靴(川虫採集のため川に入りますので、ひざ下まであるものが理想です)、筆記用具  
受講料:無料                          

担当:宮城教育大学 棟方有宗
申し込み方法:件名を「イベント参加申し込み」とし、参加者の氏名と連絡先を明記して下記まで申し込んで下さい。
電話・FAX:022-214-3414 メール:munakata◎staff.miyakyo-u.ac.jp ※迷惑メール対策の為、◎を@に変更してください。

受付締切:受付終了しました。 当日の様子はこちら→当日の様子を見る

イベントガイド(2009年11月21、28日) 2009年度 ひらめき☆ときめきサイエンス
『サケが海へ旅立つまでのお話 〜見て・触って・考えるサケの学習館〜』

○プログラムの詳しい内容についてはこちら→詳しい内容を見る

○当日の様子はこちら→当日の様子を見る

イベントガイド(2009年3月6日) 杜の都の街づくり広場 中間報告会
平成21年3月6日(金) 
会場:エルパーク仙台
事前申し込み不要。会場に直接お越しください。
イベントガイド(2009年2月18日〜20日)
 「自然と都市が共生する学都仙台再編プログラム」連続ワークショップ
平成21年2月18日(水)〜20日(金)、25(水) 
会場:エルパーク仙台(25日のみメディアテーク1階オープンスクウェア)
事前申し込み不要。会場に直接お越しください。  
イベントガイド(2009年2月19日) 新たな仙台街づくりのための広瀬川活用法デザイン

広瀬川を核として自然と都市が共生する新しい仙台の街づくりを推進するため、広瀬川の生態系の現状や課題、今後向かうべき方向性、
将来の利活用等について、複数の視点から議論する。三部構成とする。

 第一部 広瀬川におけるアユ等の生息状況や、今後の広瀬川の河川整備のビジョン

 第二部 釣りや学習、レクリエーションの場としての広瀬川のポテンシャル

 第三部 支流、集水域の一帯管理の経緯と展望

平成21年2月19日(木) 16:00〜20:00 
会場:エルパーク仙台
事前申し込み不要。会場に直接お越しください。

イベントガイド(2008年11月9日) 魚類の視点で、広瀬川を考える

青葉山周辺の広瀬川は、上流域の魚であるヤマメや、ギバチ、 ホトケドジョウといった希少魚類が生息する、市街部としては特異な環境を備え ています。本ツアーでは、広瀬川を歩きながら、青葉山、魚類、水生昆虫の関係 を考えます。 イベントの様子はこちらから

平成20年11月9日(日) 10:00〜12:00 
会場:広瀬川牛越橋上流河川緑地(予定)
担当:宮城教育大学 棟方有宗
申し込み方法:Faxまたはe-mailに参加者の氏名と連絡先(できればe-mailアドレス)を記入して申し込み下さい。
メール:munakata◎staff.miyakyo-u.ac.jp ※迷惑メール対策の為、◎を@に変更してください。

受付締切:受付終了しました。

イベントガイド(2008年10月19日) サケのお話

サケの仲間が川からに海に下り、数年後にまた自分が生まれた川 に戻ってくるようになったのは、なぜだろう?サケの仲間であるサクラマスが 彼らの体内で作られるホ ルモンである性ホルモンのはたらきによって川から海に下り、産卵期までに海から川に 戻ってくることについて紹介しながら、サケの回遊や生態の謎に迫ります。 イベントの様子はこちらから

平成20年10月19日(日) 10:00〜12:00 
会場:宮城教育大学理科実験棟
担当:宮城教育大学 棟方有宗
申し込み方法:Faxまたはe-mailに参加者の氏名と連絡先(できればe-mailアドレス)を記入して申し込み下さい。
メール:munakata◎staff.miyakyo-u.ac.jp ※迷惑メール対策の為、◎を@に変更してください。

受付締切:受付終了しました。 

イベントガイド(2008年10月18日) 2008年度 ひらめき☆ときめきサイエンス
サケが川から海に行き、また自分が生まれた川に戻ってくるのはなぜだろう?

内容:サケの回遊が起こる仕組みに関する講演やサケマスの行動観察など。
対象:小学5,6年生とその保護者の方(20組)

平成20年10月18日(土) 10:00〜16:00
会場:宮城教育大学理科実験棟  
担当:宮城教育大学 棟方有宗
申し込み方法:Faxまたはe-mailに参加者の氏名と連絡先(できればe-mailアドレス)を記入して申し込み下さい。詳しくはホームページもご覧ください。
メール:munakata◎staff.miyakyo-u.ac.jp ※迷惑メール対策の為、◎を@に変更してください。

受付締切:受付終了しました。

 

 

ページトップへ

Site Menu

Copyright (C) 棟方研究室 All Rights Reserved.